NEWS一覧

農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
  研究テーマ「昆虫嗅覚受容体を利用したカビ臭検出センサの開発」
  (平成25年度採択)
  
読売新聞で研究紹介(2014年7月21日朝刊)
   〜嗅覚でカビ検知.昆虫から「センサー細胞」〜 YOMIURI ONLINE

国内最速のスーパーコンピュータ「京」に脳を創るプロジェクト
  
文部科学省が推進する次世代スーパーコンピュータ・プロジェクト
  
世代生命体統合シミュレーションソフトウェアの研究開発」に参画し、
  生物が進化で獲得した情報処理装置である「脳」を、シンプルながらもヒトの
  脳のモデルとなる昆虫の脳をモデルにその厳密な再構成を目指し,世界最速
  のスーパーコンピュータ「京上に自然が作り上げた生物の脳の再現います.

■セコム(株)常務執行役員/IS研究所所長 小松崎常夫氏講演

  (先端学際工学特別講義
来聴自由
  
「先端技術とサービスイノベーション」
  開催日:2015年12月4日(金)14:55-16:40
  場 所:東京大学先端科学技術研究センター4号館2階講義室

日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス開催のお知らせ
  「ロボットで探る昆虫の感覚と脳と行動の不思議」内容の詳細
  開催日:2015年12月19日(土)
  場 所:東京大学先端科学技術研究センター3号館 地図
  対 象:@中高生 A聴覚障害を持つ中高生
      (手話通訳による情報保障を行います.ぜひご応募ください)

       お申し込みはこちらから

INCF Japan Node International Workshop:
 Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI2015)開催

  発表・参加:無料 お申し込みはこちら
  日程 :2015年11月26日(木)?27日(金) 10:00-17:00
  会場: 東京大学 先端科学技術研究センター

第67回日本動物学会関東支部大会でポスター発表最優秀賞受賞

  望月輝君(知能機械情報学専攻M2)が、平成27年3月14日に開催された
  第67回日本動物学会関東支部大会において、ポスター発表最優秀賞を受賞
  しました。受賞研究:昆虫の匂い源探索行動における濃度情報の利用(望月輝、
  安藤規泰、神崎亮平)

Nature Communicationsに論文が掲載(2014年12月23日)

 
 神崎教授および並木重宏氏(特任助教、当時) をはじめとする研究グループは
  カイコガを用いて,昆虫の匂い源探索を担う神経回路を脳内への信号入力から
  脳からの出力に至る過程を解明し,その論文が”Information flow through
  neural circuits for pheromone orientation in the moth”として
  Nature Communications誌に掲載されました.
  日刊工業新聞JSTサイエンスポータル日経プレスリリース
  紹介されています.

J.Neuroscienceに論文が掲載(2014年12月10日)

  神崎教授および藤原輝史氏(大学院情報理工学系研究科、当時) をはじめとする
  研究グループによる脳神経回路の匂い濃度の効率的なコーディングについての
  論文 "Odorant concentration differentiator for intermittent olfactory
   signals"が"The Journal of Neuroscience"に掲載されました.

昆虫科学連合編「昆虫科学読本-昆虫の目で見た驚きの世界」発刊
  2015年3月31日東海大学出版部より発刊.昆虫たちの巧みな技を科学の目で読み解く.
国際神経行動学会議・日本比較生理生化学会大会並列開催で基調講演
  神崎教授が標記の国際会議で基調講演をおこないます.
  会期は7月28日(月)から8月1日(金)で,会場は札幌国際会議場です.
  また,8月2日(土)には,同学会主催のパブリックレチュチャーを
  北大学術交流会館で行います.

■ ”光”で匂いを感じる昆虫をつくる!
 嗅覚研究にパラダイムシフト
 Proc Natl Acad Sci USAに掲載
 

  Tabuchi M*, Sakurai T*, Mitsuno H, Namiki S, Minegishi R, Shiotsuki T,
  Uchino K, Sezutsu H, Tamura T, Haupt SS, Nakatani K, Kanzaki R (2013)
  Pheromone responsiveness threshold depends on temporal integration by
  antennal lobe projection neurons. Proc Natl Acad Sci USA doi:10.1073
  *equal contribution
プレスリリース
Jorunal of Comparative Neurology 519巻
 (2011年12月1日号)の表紙を飾りました.
  並木重宏特任助教の論文"Heterogeneity in Dendritic Morphology of
   Moth Antennal Lobe Projection Neurons"
PNAS 108巻44号(2011年11月1日号)の表紙を飾る
  
嶋田透教授(東大)との共同研究の論文"Sex-linked transcription factor
   involved in a shift of sex-pheromone preference in the silkmoth
  Bombyx mori"
PloS Genetics掲載論文がFaculty of 1000 Biology
 
Rating 8 (must read)の高評価

  A Single Sex Pheromone Receptor Determines Chemical Response
  Specificity of Sexual Behavior in the Silkmoth Bombyx mori. 
  Sakurai et al. PLoS Genet (2011) 7(6):1-10
TEDxSeeds 2010での神崎教授の講演がYouTubeで公開
NHK総合爆笑問題のニッポンの教養に出演
  放送日:2011年1月11日(火)午後10:55−11:25
  NHKオンデマンドでご覧いただけます.
NHK高校講座生物Biology」の収録
  2011年度からNHK高校講座がポップにリニューアルされます。
  本研究室の研究が紹介されます。
  放送日は,2011年10月の予定.決定次第記載します.